家のゴキブリ・ムカデの退治方法まとめ

家のゴキブリ・ムカデなど害虫退治に関する情報をまとめるサイト

当サイトではゴキブリやムカデといった害虫対策の方法について様々な観点から紹介しています。家に発生するゴキブリ・ムカデといった害虫の駆除や発生防止の参考にして頂ければ幸いです。このトップページでは簡単にゴキブリ対策方法をまとめました。

 

ゴキブリ対策まとめ

 

掃除をする

まず大前提として家の中を清潔に保つことが重要です。食べカスや埃、髪の毛までゴキブリの栄養となります。そして物がちらかっているとそれだけゴキブリの隠れるところが増えてしまいますので整理整頓も日頃から心がけておくことをおすすめします。

 

除湿をする

ゴキブリは湿気のある場所を好みます。そのためエアコンの除湿機能や除湿器を用いて家の中の除湿を行いましょう。ゴキブリだけでなくダニ対策にもなります。

 

バルサンを使う

バルサンはゴキブリ退治にはよく使われる殺虫剤ですね。殺虫剤を使用するうえで健康被害を心配する声もありますが、「バルサン ダニα /くん煙タイプ」は最も人間への影響が少ない製品です。ペットや小さいお子さんなどがおられるご家庭ではこういった製品がおすすめですね。

バルサンは目や鼻に刺激が強いといわれますので、使用前には窓を全開にするなど換気の準備はしておきましょう。

 

ゴキブリホイホイを使う

ゴキブリの駆除といえばゴキブリホイホイですね。これは確かに一定の効果があります。ただしこのような置きがたの薬剤というのは定期的に変えないとゴキブリが食べ飽きるようです。いくつか違う種類を用意してそれを部屋でローテーションして使っていくのが良いでしょう。

 

 

ゴキブリの嫌いな臭いを利用する

ゴキブリの嫌う匂いを発するものをあちらこちらに置いておくというのもゴキブリ除けの方法の一つです。とくにゴキブリはペパーミントやオレンジなどのアロマオイルを焚いた臭いを嫌います。

 

室温を下げるとゴキブリがいなくなる?
室温を下げることでゴキブリの繁殖を抑えることができるといわれています。クロゴキブリならは10℃以下、ワモンゴキブリやチャバネゴキブリならば20℃以下に設定することで繁殖を抑えることができるようです。ただし生活していく環境で10℃以下なんて現実的ではありませんし室温の制御というのは気休め程度で根本的な解決にはなっていません。

<スポンサーリンク>

おすすめのゴキブリ退治グッズ

ゴキブリ退治をするうえで駆除グッズは欠かせないものです。今回はゴキブリとの格闘歴が長い私がとくに効果が実感できたゴキブリ退治グッズを紹介します。

 

ゴキブリ退治グッズの種類

ゴキブリの駆除グッズにも色々あって設置型かスプレー型か、含有成分や即効性など様々です。今回ご紹介する中から各々の家庭環境やゴキブリの発生場所によって合ったグッズを使用することをおすすめします。

 

上記ですでに紹介したバルサンとゴキブリホイホイは除外します。

 

ブラックキャップ

アース製薬のブラックキャップ。一番おすすめしたいです。ブラックキャップのすごさはやはりその効果の持続性の高さだと思います。一度設置したらほぼすべてのゴキブリを駆除できる可能性が高く、その状態が何カ月も続いてくれます。私の場合これを設置して以降次のゴキブリを見たのは7ヶ月後でした。

 

コンバット

「1度に2度効くコンバット」というキャッチフレーズで有名ですね。1度に2度効くといわれるのは、コンバットで駆除したゴキブリを食べたゴキブリも駆除できるためです。有効成分にフィプロニルを使用しておりゴキブリだけでなく、ゴキブリの卵にも効果を発揮してくれます。

 

▼コント風のわかりやすい商品紹介動画ですね▼

 

ホウ酸団子

ゴキブリの生息場所に仕掛けておくことで、ホウ酸団子を食べたゴキブリを退治することができます。100円ショップにも売っていてコスパがいいです。効き目は強力。このホウ酸団子を食べたゴキブリはたちまち昇天し、そのゴキブリを食べたゴキブリも駆除できます。最初のうちはかなり効果がありますのでおすすめです。・・・ですが困ったことにゴキブリというのは耐性をつける場合がありますので、しばらくしたら効かなくなる可能性があります。

 

<スポンサーリンク>

家にあるものでゴキブリ退治

家にあるものでゴキブリを退治する方法を紹介しています。ゴキブリが出たけど今はゴキジェットもゴキブリホイホイもない!でもこのまま過ごすなんて無理!という場合に役に立つ方法です。

 

ゴキブリ退治に利用できる身近なもの

以下にゴキブリ退治に利用できる身近なものを紹介します。

 

アルコールや洗剤

どの家庭にも置いてあるであろうアルコールや洗剤はゴキブリ退治に非常に効果的!

 

ゴキブリは口では呼吸していません。ゴキブリの呼吸は身体中にある気孔で行っています。

 

そこを水で塞がれでもしたら息ができなくなって死んでしまうのですが、そうならないようにあ油で保護されています。

 

ですがアルコールや洗剤をかけることでその油の保護が除去されてしまい、液体で孔が塞がれてしまい息ができなくなってしまうのです。

 

熱湯をかける

熱湯をかけるという若干無理押しな方法な気もしますが、効き目は確かで即効性があります。

 

ゴキブリに限らず多くの昆虫は熱の暑さにやられてしまいます。自身を構成するたんぱく質は熱湯により固まってしまうからです。

 

人間は体内のほとんどが水分なので、短時間なら平気ですが、昆虫のような節足動物は瞬時のお湯であっても昇天します。

 

レモン汁を吹きかける

ゴキブリは柑橘類の成分を非常に苦手としています。オレンジやレモンに含まれるd-リモネンという成分はゴキブリから動きを奪います。

 

ゴキブリがでたらレモン汁を溶かした水をスプレーボトルに入れてそれを近くで吹きかけてあげましょう。

 

スプレーボトルがなければコップか何か容器に入れてパシャっとかけてやりましょう。

 

新聞紙や雑誌で叩く

僕的にはこれは最終手段です。潰したら間違いなく退治できるのですが後処理が本当に嫌なので・・・。

<スポンサーリンク>

トップページ ゴキブリの駆除方法 ムカデの駆除方法 ゲジゲジの駆除方法