ゴキブリの卵の処理の仕方

<スポンサーリンク>

ゴキブリの卵の処理の仕方

ゴキブリの卵の処理方法について解説しています。ゴキブリは産卵の頻度が高いので早々に処理してしまわないとあっという間に増えていってしまいます。

 

ゴキブリの卵って?

ゴキブリの卵は卵鞘と呼ばれるガードが固い入れ物に守られています。この卵鞘に数十個の卵がぎっしり入っているのです。うーむ考えただけで背筋が凍ります♪

 

卵の数

入っている卵の数は種類によって異なりますが、中でもかなり多いのはチャバネゴキブリの卵鞘です。40個くらいはいっています。

 

卵の大きさ

大きさは種類にもよりますが、比較的大きめの家ゴキであるクロゴキブリの卵ならば幅1cm高さ5mmくらいです。チャバネゴキブリの場合はこの半分くらいですね。

 

卵がある場所

ゴキブリが好む場所に卵もあります。すんわち湿気があって暗くて狭い場所です。なおかつえさ場が豊富だったら間違いないでしょう。キッチンや家電製品の裏などを点検してみることをおすすめします。

 

処理の仕方

発見しだい処理することをすすめますが、殺虫剤をかけたくらいでは効果があまりないと思います。

 

卵鞘のガードは非常に硬く中も保護液で満たされています。なので見つけ次第潰してしまうのが一番です。

 

またはティッシュにくるんでトイレに流すとか掃除機で吸うとかもありですね。

<スポンサーリンク>

関連ページ

ゴキブリの駆除に使える毒餌について
ゴキブリの駆除に毒餌を使うメリットについて紹介しています。
ゴキブリの幼虫の駆除方法
幼虫のうちにゴキブリを駆除しておくことがベストです。今回はゴキブリの幼虫の駆除方法を紹介します。
小さいゴキブリの退治方法
家でよくみる小さいゴキブリ。何という種類のゴキブリなのでしょうか。
人間の赤ちゃんがいる場合のゴキブリ対策
赤ちゃんがいる場合のゴキブリ対策についてなんですけど、何点か注意してほしいことがあります。それは駆除剤の扱いについてのことです。
洗剤でゴキブリ退治できるって本当?
ゴキブリというと殺虫剤や業者に依頼しないと退治できないと思われがちですが、実は身近な洗剤を使うことでも退治できるということをご存じでしょうか。

トップページ ゴキブリの駆除方法 ムカデの駆除方法 ゲジゲジの駆除方法