ゴキブリの駆除に使える毒餌について

<スポンサーリンク>

ゴキブリの駆除に使える毒餌について

ゴキブリの駆除に毒餌を使うメリットについて紹介しています。

 

毒餌の効果

ゴキブリの駆除には毒餌をまくのが非常に効果的です。これはゴキブリがなんでも食べるという習性を利用したものでもあります。

 

毒を仕込んだ餌をゴキブリの発生ポイントに置いておき、ゴキブリがそれを喰らうと毒で退治できるというものです。

 

ただしゴキブリの生命力の高さゆえ即効性はありません。じょじょに効いてきて息絶えます。

 

毒餌のメリット

ただ毒餌の良いところは「一度に二度効く」ところです。CMで聞いたことがあるキャッチフレーズではないでしょうか。

 

ようするに毒餌を食べたゴキブリが臨終したのちに、そのご遺体を他のゴキブリが食べた場合そのゴキブリにも毒の効果があるというものです。

 

1匹のゴキブリに毒餌を食べさせ、そして倒れたそのゴキブリを複数のゴキブリが群がり食べたとしたら、一石二鳥、三鳥も可能ということです。

 

毒餌はゴキブリ駆除の主流

ゴキブリ退治には色々方法はあるのですが、この毒餌の手法は現在のゴキブリ駆除施工の主流になっています。

 

即効性こそないものの持続性が高いのです。殺虫剤を直接かけるというのは即効性があるのですが遭遇したゴキブリに限定されてしまうので効率が悪いのです。

 

毒餌は配置しておくだけでしばらくしたら複数のゴキブリを駆除することができます。

 

毒餌使用前の注意!食べカスやゴミの処理はしっかりと!

ただし注意点として毒餌から注意をそらすような食べ物は徹底的に排除するということです。

 

例えば食べカスが散乱しているような部屋だとわざわざ毒餌を食べないかもしれません。

 

生ゴミの処理や豆な掃除、これが毒餌の効果を最大限発揮させる条件です。また毒餌はしばらくすると乾燥して味が落ちるので、定期的に変えてあげたほうが良いでしょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

ゴキブリの幼虫の駆除方法
幼虫のうちにゴキブリを駆除しておくことがベストです。今回はゴキブリの幼虫の駆除方法を紹介します。
ゴキブリの卵の処理の仕方
ゴキブリの卵の処理方法について解説しています。ゴキブリは産卵の頻度が高いので早々に処理してしまわないとあっという間に増えていってしまいます。
小さいゴキブリの退治方法
家でよくみる小さいゴキブリ。何という種類のゴキブリなのでしょうか。
人間の赤ちゃんがいる場合のゴキブリ対策
赤ちゃんがいる場合のゴキブリ対策についてなんですけど、何点か注意してほしいことがあります。それは駆除剤の扱いについてのことです。
洗剤でゴキブリ退治できるって本当?
ゴキブリというと殺虫剤や業者に依頼しないと退治できないと思われがちですが、実は身近な洗剤を使うことでも退治できるということをご存じでしょうか。

トップページ ゴキブリの駆除方法 ムカデの駆除方法 ゲジゲジの駆除方法