人間の赤ちゃんがいる場合のゴキブリ対策

<スポンサーリンク>

人間の赤ちゃんがいる場合のゴキブリ対策

赤ちゃんがいる場合のゴキブリ対策についてなんですけど、何点か注意してほしいことがあります。それは駆除剤の扱いについてのことです。

 

ホウ酸団子は避けたほうがいい

赤ちゃんはなんでも口にいれてしまうため、例えば目立つ場所にホウ酸団子のような毒餌をおいていたら誤って食べてしまうかもしれません。

 

ホウ酸は眼の洗浄液にも使われるものなので人間にとってはそこまで強い毒性はないのですが、耐性が低い赤ちゃんの場合は例外と考えたほうが良いでしょう。

 

■ホウ酸の毒性
動物にとっての毒性は食塩と変わらないほどに無毒だといわれています。継続して摂取し続けることで便秘など消化器系の不調が起こる場合があります。虫の殺虫剤として有効なのは虫のほとんどは腎臓機能で排泄することができないためです。

 

また例えばバポナなんかはとても毒性が強くネズミのような小動物も退治してしまうほどなので当然赤ちゃんにも危険です。

 

トラップは口に入らないようなものに

トラップを仕掛けるのならできれば赤ちゃんの口に入らないような駆除対策グッズを使ったほうが良いでしょう。

 

私の家の場合はブラックキャップを使っていました。あの小さな口には入らないものなので比較的安心です。

 

ブラックキャップは主成分がヒドラメチルノンのものとフィプロニルのものがあるのですが赤ちゃんにとって毒性が弱いのはヒドラメチルノンのほうです。万が一触って舐めるなどの心配をするのならこちらのタイプをおすすめします。

 

まあ一番良いのは出来るだけ手の届かないところに置いておくことですけどね。

<スポンサーリンク>

関連ページ

ゴキブリの駆除に使える毒餌について
ゴキブリの駆除に毒餌を使うメリットについて紹介しています。
ゴキブリの幼虫の駆除方法
幼虫のうちにゴキブリを駆除しておくことがベストです。今回はゴキブリの幼虫の駆除方法を紹介します。
ゴキブリの卵の処理の仕方
ゴキブリの卵の処理方法について解説しています。ゴキブリは産卵の頻度が高いので早々に処理してしまわないとあっという間に増えていってしまいます。
小さいゴキブリの退治方法
家でよくみる小さいゴキブリ。何という種類のゴキブリなのでしょうか。
洗剤でゴキブリ退治できるって本当?
ゴキブリというと殺虫剤や業者に依頼しないと退治できないと思われがちですが、実は身近な洗剤を使うことでも退治できるということをご存じでしょうか。

トップページ ゴキブリの駆除方法 ムカデの駆除方法 ゲジゲジの駆除方法