ムカデに噛まれて長期間痛みや痒みが続くこともあります

<スポンサーリンク>

ムカデに噛まれて長期間痛みや痒みが続くこともあります

ムカデに噛まれても、取り合えず自分で手当てをするという人は多いものです。
でも、方法によっては長期間痛みや痒みが続くことがあるんです。

 

患部を冷やす手当て

ムカデに噛まれたとき、噛まれた箇所を流水で洗い流し冷たいタオルなどで冷やす方法があります。
患部が赤く腫れているときは、その赤みの原因である炎症を抑える意味では冷やすほうが効果があるようです。

 

さらに患部を冷たいタオルで冷やすことで、血管が収縮します。
その効果で患部に流れる血流を減らし、ムカデ毒が横に広がるのを抑えるんです。

 

でも、冷やしたことですぐに痛みが引いたのに、その痛みや痒みがなかなか引かず
長時間続いてしまうという人も多いんですよね。
次に紹介する温める手当ての方が、痛みや痒みが引くのが早い場合もあります。

 

患部を温める手当て

ムカデに噛まれたとき、そのムカデの毒を43度〜45度のお湯を溜めたものではなく
流した状態で10分から20分程度洗い流す方法があります。

 

ムカデの毒が熱に弱いため毒が弱まり、その結果痛みや痒みが早く引くことがあります。
これはムカデの毒が酸性でたんぱく質成分なので熱に弱いからなんですね。

 

両方の対処方法を把握しておくと良いです

冷やす方法と温める方法の両方を紹介しましたが、
ムカデに刺された状況によって、冷たいタオルや熱いお湯を急に準備できないこともあると思います。
どんな状況でムカデに噛まれるかは、わかりませんので冷・温両方の手当てを把握しておくと良いでしょう。

 

冷・温どちらの手当てでも、行ったあとはムカデに効き目があるステロイドや
抗ヒスタミンの成分が含まれたローションやクリームを塗っておきましょうね。

 

 

ムカデに噛まれたあと、これらのどちらの手当てを行うかについては
いろいろな説があるようです。
でも、どちらにせよ腫れや赤み、痒みなどが長引くようなら必ず病院を受診してくださいね!

 

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

ムカデは噛むか刺すかどちらなんでしょうか
ムカデが噛むと言う人や、ムカデが刺すと言う人がいますよね。 いったいどちらが正しいのでしょうか?
ムカデを食べる猫がいるんです
とても優れた平衡感覚を持つ猫。 さらにその柔軟性と瞬発力でムカデにじゃれながら、ムカデを難なく食べてしまう猫がいるんです。
ムヒはムカデに刺されたときのおススメ治療薬
ムカデに刺されたとき治療のため、家にムヒを備えて置くという人が多いんですよ。 今回はその人気のムヒについて詳しくお話します。
外出中にムカデに刺されたときの対処法
外出中ムカデに刺されたときって、本当に慌ててしまいますよね。 今回は知っておいたほうが良い、外出中ムカデに刺されたときの対処法についてお話します。
犬がムカデに噛まれたときどうすればいいのか
家で飼っている犬が、ムカデに噛まれてしまった経験を持つ人は多いもの。 今回は犬がムカデに噛まれたときの対処法についてお話します。
ムカデに噛まれたときの塗り薬について
ムカデに噛まれとき、自宅にムカデ用の塗り薬がないと 本当に慌ててしまいますよね。 ではいったいどんな塗り薬を備えて置くと良いのでしょうか。
ムカデに噛まれたとき皮膚科へ治療に行く目安
ムケデに噛まれた場合、家で様子を見ていいのか、皮膚科など治療のための病院へ行ったほうが良いのか迷うことがあると思います。 今回はそんな病院への受診の目安についてお話します。
ムカデに噛まれてアナフィラキシーを起こすまでの時間
ムカデに噛まれてしばらくしたのち、 再度ムカデに噛まれることで、アナフィラキシー症状を起こす人がいます。 今回はアナフィラキシー症状を起こす時間と、その症状についてお話しします。
ムカデに噛まれてから腫れがひかないのはどうしてか
ムカデに噛まれて腕が腫れあがって、しばらくしてもその腫れが全くひかないってことありませんか? それは噛まれたときの最初の対処方法が、少し間違っていたのかも知れません。
ムカデに噛まれると大変!その対処方法と応急処置
突然ムカデに噛まれると飛び上がるくらいの激痛が走りますよね。今回はムカデの噛まれたときの対処法と、応急処置について見ていきましょう。
ムカデに耳を刺されることもあるんです
ムカデに刺されるという経験があった人に尋ねるとたいてい指や手、足などを刺されていることが多いのですが、まれに耳を刺される場合があります。

トップページ ゴキブリの駆除方法 ムカデの駆除方法 ゲジゲジの駆除方法