日本には何種類のムカデがいますか?

<スポンサーリンク>

日本には何種類のムカデがいますか?

梅雨の時期になると、ムカデが活発に行動します。日本全国で生息するムカデですが、どのくらいの種類が存在するのでしょうか。ムカデは、生息場所によって、何か違いがあるのでしょうか?

 

日本のムカデの種類

日本には、数多くのムカデが生息しています。その中でも毒を有するムカデは有名です。以下でその種類をご紹介します。

 

トビズムカデ

大型のムカデで、体が黒光りしており、脚はオレンジ色に近い肌色、頭は赤色をしています。15cm〜25cm程度の大きさになることが一般的です。このムカデは、凶暴で触れたものには何でも噛みつく習性があります。一度噛まれた人なら、その痛みを忘れられないでしょう。激痛が走り、酷い場合には悪寒や吐き気がする場合もあります。

 

アオズムカデ

10cm程度のムカデですが、アオズムカデは頭が黒色をしっており、背面が暗い緑色をしています。脚はくすんだ黄色と緑がまじりあったような色をしています。アオズムカデの毒はハチの毒に似ています。毒は血球溶解作用を持っているのです。

 

アカズムカデ

4cm〜7cmのアカズムカデは、頭と足が赤色〜オレンジ色になっています。毒性が他のムカデに比べて強いようです。

 

日本のムカデの特徴

小回りの利く大きさで、いとも簡単に小動物を捉えている印象を受けるでしょう。家屋や雑木林の中、落ち葉の隙間など、どこにでも生息するタフさを、ムカデは有しています。

 

人間と遭遇すると、噛みついたり、ムカデが独特の臭いを発するために(駆除の際に死んだり、すでに死んでいる場合)、衛生的に好ましくありません。

 

ムカデの駆除やムカデを家屋に入れない対策を講じることが欠かせません。

 

 

結論として、日本には上記のムカデ以外にも多数のムカデが生息しています。ジメジメしている湿気の多い場所をムカデも好みます。どんな種類のムカデに出逢うか分かりませんが、正しい駆除対策を実践できるように、今からしておきましょう!

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

日本のムカデの生息地と生態
日本のムカデの生息地っていったいどこなんでしょうね。さらにムカデの生態について学んでみると、わかってくることもあります。
巨大ムカデの大きさってどのくらいなのか
日本でよく見かけるムカデのサイズは10センチから15センチ程度ですが実はもっと大きなサイズのムカデがいるんですよ。では巨大といわれるムカデの大きさは、いったいどのくらいなのでしょうか。
日本で最大の最強ムカデ
日本には数種類のムカデが生息しています。北海道から沖縄に至るまで、日本全国にムカデは生息しているのです。そのムカデの中でも最大の大きさを誇るムカデがいます。それが【トビズムカデ】です。
ムカデの足の仕組みと毒について学ぼう
寝室やお風呂など突然現れるムカデに、ギョッと驚く人も多いと思います。今回は人を驚かせるムカデについて、知らなかったという人も多いムカデの足と毒についてお話します。
ムカデの天敵を知る!
ムカデに突然遭遇したらそのグロテスクな風貌にゾッとしますよね。自分達が生活していく中で、出来ることなら出会いたくないのがムカデですが、このムカデを退治してくれる天敵っているのでしょうか。
ムカデの寿命はどのくらいでしょうか?
梅雨から夏にかけては、ムカデを見かける機会が増えてきます。毎年、家の中や周辺でムカデを見かけたり、小さなムカデが一ヶ所に集まっているのを見ることもあるでしょう。タフな生活をしているように見えるムカデですが、実際のところ、ムカデの寿命はどのくらいでしょうか?
ムカデはクモを食べると聞きますがその関係は!?
ムカデがクモを食べるために、家に侵入してくるのは良くあることですよね。今回はそんなムカデとクモの関係についてお話します。
ムカデは益虫ですか?
ムカデと聞くと、人を噛む害虫というイメージがあります。見た目やその体液の臭いから、害虫と一般的に考えられそうですが、実のところどうなのでしょうか?ムカデが益虫なのか、害虫なのか、どちらに分類されるのでしょうか?
ムカデはゴキブリを食べるのですか?
ムカデは一体何を食べて生きているのでしょうか?ムカデの食事について知ることで、ムカデ対策につながる【あるヒント】に気が付きます。ムカデを家で増やさない工夫をすることができるのです。
ムカデは昆虫ですか?
5月〜6月頃にかけて、ジメジメとした季節に現れることが多い、ムカデ。見た目は昆虫にも見えますが、実際のところ、ムカデは昆虫なのでしょうか?
ムカデは食べるとどんな味がするの?
”ムカデ”は、食用として日本では一般的には知られていません。 中国や香港、韓国などでは、ムカデの素揚げや、薬の効果を期待して、食されていることもあるようです。でも、ムカデってどんな味がするのでしょうか?
気になるムカデの【産卵時期】と【繁殖場所】
5月〜6月にかけて見かけることが多いムカデですが、産卵時期と繁殖場所には特定の条件があります。その時期を見極めて、正しいムカデ対策をしておくなら、不必要にムカデが出てくるのを心配する必要はありませんね。
驚異的なムカデの生命力
ムカデの生命力は驚異的です。すばしこさと生命力ゆえに、家の中に出てきたムカデを退治するにも、「なかなか家の中から完全に根絶することができない」と、頭を抱えているかもしれませんね。ムカデの生命力は、一体どれほどなのでしょうか?
最強のムカデは何ですか?
世界には、最大で60cmを超えるムカデも生息しています。猛毒を持ち、小型の哺乳類さえも獲物にするほどの食欲です。 日本にも巨大なムカデが生息していますが、世界に目を向けつつ【最強】と呼ばれるにふさわしい”ムカデ”についてご紹介しましょう!
これってムカデの幼虫ですか?
梅雨の時期になると、時折見かける小さなムカデ。本来は10cm〜15cmほどの大きなムカデを見かけることが多いですが、2cm〜3cmのムカデを一度に何匹も見かけることがあります。 これって、ムカデの幼虫なんでしょうか?他にも家のどこかに沢山いるのでしょうか?
ムカデって縁起が良いですか?
ムカデは縁起が良いとされています。なぜ、ムカデは縁起が良いとされているのでしょうか?日本にある一般常識として、ムカデと縁起との関係について知りたいと思いませんか?
ムカデには小さい種類もありますか?
家の中や、庭先で小さなムカデを見かけることがあるかもしれません。家の中に大量の小さなムカデを発見してゾッとした経験をされた方もおられるかもしれませんね。ムカデって大きな種類だけではなく、小さいムカデもいるのでしょうか?
ムカデの1度の産卵で何匹生まれますか?
ムカデの一度の産卵から、何匹のムカデが生まれるのでしょうか?意外と、知らないことかもしれません。 数日の間に、もし、立て続けに家の中でムカデを見たらどうしますか?ぞっとしますよね。でも、それ以上に注意も必要ですよ! ムカデを見つけたら、【他にも】ムカデがいるかもしれません。ムカデが一度に生む卵から、一対何匹のムカデが生まれるのかが分かれば予想できるかもしれません。
ムカデの地震余地?!
地震の前兆現象として知られている動物の異常行動。その中に、ムカデの異常行動が観察されています。ムカデの地震前の行動については、意外と知られていないことかもしれません。果たして、その真相はどのようなものなのでしょうか?

トップページ ゴキブリの駆除方法 ムカデの駆除方法 ゲジゲジの駆除方法